啓発室

室方針

室長:安田 英俊

 長野JCには長きに亘り受け継がれてきた事業が数多くあり、ひとづくり、まちづくりにおいてたゆまぬ努力を積み重ねて参りました。志を高く持ち、地域の発展を願う青年経済人が集う団体は他にはありません。我々は先輩方が情熱を持って培ってきた事業や伝統を受け継ぐだけではなく、これからのまちの発展、長野JCの成長へと更なる飛躍が求められています。しかし今現在、事業には様々な形や想いがある中で、一人ひとりが事業へ参画し想いを汲み取り、学ぶ機会となっているでしょうか。仲間と共に住まうまちの未来を考え、自身の成長へと繋がる機会をつくり、事業を通し仲間として最高の関係を築き継承していくことが必要と考えます。当室は今一度、青年会議所運動に参加する義務と意義を再考し、長野JCが持つ可能性を高め、メンバー一人ひとりが成長へと繋がる事業を構築するとともに、同じ志を持つ青年の発掘、共に切磋琢磨し磨きあえる環境を創出する青年会議所運動を邁進して参ります。


例会委員会

委員長:島田 貴規

例会という場は、長野JCの進むべき道を見定め、現状について共通認識を持ち、相互に理解を深め、各事業の更なる発展を目指す重要な機会であると考えます。そして、例会が、担当委員会の自己実現を目指す場、すなわち、私たちはこうありたいと表明する場となることで、他のメンバーに担当委員会の想いが伝播し、ひいては各事業を成功へと導きます。その為には、一人でも多くのメンバーが例会に参加することが不可欠となります。そして、例会は「出席するもの」とされ、全メンバーが当事者とされていることを自覚してもらうことこそがその近道となります。そこで、当委員会では、担当委員会と緊密に連携し、運営面において総合的な補助をすることと共に、早期に例会参加意思を確認した上で、自覚を促し、参加率向上に向けて積極的にサポートをしていきます。加えて、参加したメンバーが最後まで集中していられるよう、例会全体が予定通り滞りなく進むように配慮していきます。
全メンバーが例会を「自分ごと化」できるよう、周密精到な例会運営を行なって参ります。


会員開発委員会

委員長:山﨑 年起

長野JCは60年以上もの永きに亘り、メンバーの新陳代謝を繰り返しながらも、情熱を持って活動し続けて参りました。数々のJC運動が長野のまちの発展に貢献してきたと共に、JCの活動を通じて成長したメンバーの中から、地域社会を牽引するリーダーを数多く輩出してきました。次世代リーダーを育成する組織文化は、メンバーが主体的に事業へ参画する風土があってこそ育まれます。
当委員会は、全メンバーの先頭に立って、この長野JCの魅力に共感する青年経済人を数多く発掘し、更なる会員の拡大を目指します。その上で新たに入会したメンバーたちが切磋琢磨できる環境を構築し、積極的に事業へ取り組む姿を通じて、メンバーへ新たな学びや気づきを促します。更に、メンバーそれぞれの役割に応じて、視野と知見をより広げた事業参画が出来るよう学びの場を提供し、より一層の積極的な事業への参画と成長へ繋げます。新たな仲間との出会いと互いの切磋琢磨を通じて、一人ひとりが成長し次世代リーダーへと飛躍できるよう、委員会活動を邁進して参ります。