光明室

室方針

室長:森山 アリエル

本年64年目を迎える長野JCは、先達から受け継いできた我がまち長野に対する思いを継承し、日々活動を行なってきました。我々は公益法人としての責任を果たし、明るい豊かな社会という夢を実現していかなくてはなりません。その為には、行政、地域の諸団体、地域住民から信頼される組織運営が必要不可欠です。また、私たちの行なう事業を効果的に広報し、人々から共感を得ることによって私たちの活動が波紋となって広がり、夢の実現に近づくと考えます。更に、一人ひとりがJAYCEEとして成長し、更なる高みに向けた活動を行なう為にはLOM内に留まることなく、世界、全国各地で行なわれているJC運動を肌で触れ実感し、その経験をLOMに活かしていく必要があります。
当室は、長野JCの根幹を担いメンバーがよりよい活動を行なえるよう環境を整え、未来の為に事業内容をしっかりと検証し記録に残し、更に出向者へ惜しみない支援と応援を行なっていくと共に一人ひとりが光明となり、明るい豊かな社会の実現に向けて一年間邁進して参ります。


総務財務委員会

委員長:樋川 和広

公益社団法人である長野JCは、「利己」ではなく「利他」の精神をもって地域社会の求めに応じた開かれた活動を行なう使命を有します。したがって、法令、道徳、社会常識に沿い、LOM内外から信頼される確固たる組織運営が求められます。当委員会は、総会・理事会を円滑に設営することはもちろん、会員一人ひとりがそこで行なわれる手続の意味をしっかりと理解した上で、積極的に参加することを働きかけます。また、財務に関しては、厳正な管理を原則とし、ときに柔軟性をも有した運営を目指します。このような組織運営こそが、各委員会が心血を注いで行なう事業を適切に補助し、組織としての強さとしなやかさを実現するとともに、ひいては地域社会の更なる発展に繋がるものと確信します。また、LOMの根幹を支える委員会として、各事業に積極的に参画することで、組織としての地力の底上げと一体感の向上に寄与する責任をも負うと考えます。この歴史あるLOMを誇り、英知と勇気と情熱をもって、LOMとまちの未来に光をさすべく懸命に活動いたします。


広報記録委員会

委員長:武内 浩太

近年、インターネットを利用できる様々な端末が普及し、必要な情報をどこに居ても簡単に得られる時代になりました。いつでも情報を確認できるからこそ、広報として正確に「伝える」だけでなく、その意図が地域に「伝わる」情報の発信が必要と考え、当委員会では各委員会が行なう事業の意味とそこにかける情熱を汲み取り、わかりやすく伝えることを重要視していきます。SNSやWEBサイトを使った各事業の情報発信に加え、地域の長野JCに対する認知度を高め、一人でも多くの人に我々の活動を知ってもらい理解を深める為、新たな手段を模索した情報の拡散に挑戦します。そして、LOM内では各事業を構築する際に適した広報計画の支援、コンプライアンスを順守した資料作成のサポートを行ない、事業の精度向上に協力していきます。長野JCが目指す「明るい豊かな社会」の実現に向け、地域社会に私たちの思いが伝わり共感を得られる情報発信を行なって参ります。


出向者支援委員会

委員長:伊藤 新祐

長野JCの出向者はあふれんばかりの情熱を燃やし、日本各地また世界各国で幾多の運動を展開してきました。本年もその情熱を継承し、長野青年会議所を代表して多くのメンバーが出向をしています。当委員会では志高き出向者の情熱を更に奮い立たせられるよう、出向先の情報を的確に把握しわかりやすくLOMに周知する様々な工夫をして参ります。また、各種大会では式典並びにフォーラム、セミナー等の情報を迅速に発信することによってメンバーの自発的で目的意識のある積極的な参加を促し、JC運動に対する意欲向上を図ります。そして、遠方の地にて果敢に活動する同志を激励する機会を創出し、その機会を通じて出向の魅力を感じてもらいLOM全体の出向意欲向上を目指していきます。
当委員会が先頭に立ち出向者を支援していくことで出向者の自信や誇りへと繋げ、夢を描ける青年が能動的に運動を展開していく希望あふれる長野JCを創り上げるべく一年間邁進して参ります。